こ時間の使い方を見直してみよう

スケジュールの正しい決め方

スケジュールを考える時は、まずルーティンワークを箇条書きで良いので書き出してください。
その中で、優先順位を決めましょう。
重要で少し難しい仕事は早めに取り組んだ方が良いと考えている人が多いですが、その考え方はあまりおすすめできません。
短時間でできる簡単な仕事から先に終わらせて、あとから難しい仕事に取り組んだ方がゆっくりできます。

その方が、ミスが少なくなるというメリットも生まれます。
間違ったスケジュールを考えると、時間が足りなくなって焦って進めることになるかもしれません。
それではやり直しになるので、無駄な時間が発生します。
落ち着いて仕事に取り組めばミスは起こらないので、優先順位をよく考えて決めましょう。

目標を決めて仕事に取り組む

目標を決めることで、モチベーションを高いまま維持できます。
時間を管理する時は。仕事の優先順位だけを決めても意味がないです。
やる気を持って、ルーティンワークに取り組める方法を考えてください。
この日までに終わらせるという明確な目標があれば、それに向かって頑張ることができます。
またもし目標としている日までに終わらなければ、仕事の量を調整することもできます。

締め切りより、早い日を目標に設定しましょう。
締め切りをそのまま目標にすると、時間が足りなくなった時に対応できません。
1週間ほど早い日がおすすめです。
その日までに仕事を終わらせるように、目標を考えてください。
モチベーションが高いので、集中して取り組めると思います。


B!