空いている時間を工夫しよう

空き時間を無駄にしない意識

もし空いている時間があれば、その間にできるルーティンワークを見つけてください。
ボーっとして過ごすことは、仕事が進まない原因になります。
隙間時間に仕事をすれば、締め切りのギリギリになっても終わらないという事態を回避することができます。
ギリギリになっても終わらない場合は、夜遅くまで仕事を続けなければいけません。

精神的にも肉体的にも、負担が大きくなるのでおすすめできません。
隙間時間にコツコツ進めていれば、自分が設定した目標にまで終わらせることができます。
目標を設定したのに達成できないと、次第に嫌になってしまうでしょう。
達成できるレベルの目標にすることも重要ですが、そのために空いた時間を使うのも大切です。

隙間時間を重ねよう

わずかしかしていない時間だったら、仕事をしてもなかなか終わらないので無駄だと思っている人が多いのではないでしょうか。
ですが時間管理術においては、隙間時間が非常に重要な役割を担っています。
1日の隙間時間が短くても、毎日積み重ねれば長い時間になります。
すると、1つの仕事を終わらせることもできるでしょう。
あまりにも難しい仕事を、隙間時間で終わらせようと思うのは控えてください。

短時間で終わらせられる仕事を隙間時間にすることで、難しい仕事に費やせる時間を長く確保できます。
ルーティンワークを効率良く終わらせるために、1日で発生する隙間時間をまずは見つけてください。
その間にできる仕事は何なのか、考えてみましょう。


B!